Il Profvmo

« 私は自然そのものからインスピレーションを引き出すの。木の茂みから、ムスクのそばに咲き誇る花から、野生のシクラメンを樫の足元でそっと見守る苔から・・・はるか遠い地、遠い砂漠、風が私に呼びかけてきます。私は風が大好き。自然の中では、風が香りを運んでくれる。インスピレーションが作品に変わる瞬間にもいつも存在しています。»

シルヴァナ・カソーリ

イルプロフーモのクリエーターであるシルヴァナ・カソーリにとって、彼女の運命が香りに結ばれていることは幼少時から明らかでした。イタリアのボローニャにほど近いレッジョ・エミリアに生まれ、シルヴァナは自然とその様々な香りに心を奪われました。木々や花々の間、草むらを歩く時、シルヴィアは香りを見分けるという天賦の才能を得ていると気づくのに時間を要しませんでした。自然や香りが与える特別な感情に興味をかきたてられ、パーフューマーになりたいという夢を持つようになったのです。専攻を決める歳になり、彼女は迷うことなくウルビーノ大学で自然科学を選びました。そこで、周りを取り巻く香りにますます惹かれていき、化粧品学、植物学、そしてアロマセラピーの奥義を通して、さらに知識を深めていきました。卒業後、シルヴァナは有名な香水ブランドの会社で勤め始め、芸術としての調香の技術を磨き続けました。大きな夢ではありましたが、その後、革新的な香水を開発し、彼女の言う「社会的な香りの需要」に応えるため、彼女は自分自身のブランド、イルプロフーモを立ち上げ、挑戦を自らに課する決心をしました。そうすることによって、彼女は愛してやまない大自然に敬意を払いたいと考えています。


 

Silvia Casoli